Ruby on Railsアプリケーションを本番環境で動かすサーバとしてnginxとunicorn、またデプロイにはCapistranoを利用するのが一般的です。 本メディアでは過去にこれらの記事を書いてきたので、ここで一度まとめてみたいと思います。

nginxの設定

Webサーバ兼リバースプロキシとしてnginxを利用するための設定についてまとめました。

また、高いパフォーマンスを出せるよう、workerプロセスやGzipをはじめとした各設定についても書いています。

SSLを導入する際は、次の記事もあわせてご覧ください。

unicornの設定

アプリケーションサーバとしてunicornを利用するための設定について、unicornの概要などをまとめました。

Capistranoの設定

アプリケーションをデプロイする際は、Capistranoを利用することが多いと思います。 この設定についても概要などとともにまとめました。

おわりに

これらの記事で、サーバ構築やデプロイ周りはある程度対応できると思います。 必要に応じて、ぜひ参考にしてください。