サービスを企画する際、「人は根源的になにを欲しているのか」を理解しておくことで、ユーザのニーズにもとづいたアイデアを出すことができるようになります。 ここでは、マズローの欲求段階説をもとにこれを解説します。

マズローの欲求段階説とは

アメリカの心理学者、アブラハム・マズローが、人の欲求を5段階で理論化したもの。 以下の5つの欲求があり、低次の欲求が満たされると、より高次の欲求が生じるとされています。

  1. 生理的欲求
  2. 安全の欲求
  3. 社会的欲求
  4. 承認の欲求
  5. 自己実現の欲求

つまり、1が満たされると2が生じ、2が満たされると3……と、段階を踏んで欲求が生じるとされています。 ただ、低次の欲求を完全に満たさなくても、高次の欲求が生じることもあります。

各欲求について

1. 生理的欲求

生きるために必要なことに関する欲求。 以下のようなものが挙げられます。

  • 食事をとりたい
  • 水を飲みたい
  • 睡眠をとりたい

人がなにをするにも、まずこれらが満たされない限り、以降の欲求は生まれないとされています。

2. 安全の欲求

安全でありたい、という欲求。 以下のようなものが挙げられます。

  • 健康でありたい
  • 豊かでありたい
  • 危険から逃れたい

3. 社会的欲求

社会やコミュニティに属したい、という欲求。 以下のようなものが挙げられます。

  • 家族がほしい
  • 友だちがほしい
  • 集団に属したい

4. 承認の欲求

他者から価値ある存在だと認められたい、という欲求。 以下のようなものが挙げられます。

  • 尊敬されたい
  • 地位・名声がほしい
  • スキルアップがしたい

この段階は2つのパターンがあり、「他者からの承認」と「自分自身の承認」があります。

5. 自己実現の欲求

なりたいものになりたい、という欲求。 以下のようなものが挙げられます。

  • クリエイティブでありたい
  • 寛容でありたい
  • 問題解決したい

欲求をもとに企画する

これらを踏まえた上で、どう企画すればよいでしょうか。 いくつかの例をもとに考えてみます。

たとえば「水を売る」というビジネスは、人のより低次の欲求である生理的欲求に基づいています。 水を得にくいシーンでは、より付加価値をつけて売ることができるでしょう。

また、生命保険や警備会社のセキュリティサービスなどは安全の欲求を満たしていると考えることができます。

同じように、人とのつながりを提供するSNSは社会的欲求を満たしているといえるでしょう。 Facebookの「いいね」機能は、投稿者に対して承認欲求を満たす役割もあると考えられます。

どの欲求を満たすか、という軸でアイデアをブレストしたり、あるいは考えた企画がどの欲求を満たそうとしているか、という軸で検証することができます。

おわりに

成功しているサービスは、意識して考えられたかどうかはさておき、人の欲求にもとづいた企画であることが多いです。 こういったサービスを参考に、ぜひ欲求をもとにサービスを企画してみましょう。